パパママ必見!1〜2歳の歯ブラシ!歯科衛生士もやってる工夫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

ありがたいことに

読者さまにリクエストを頂いたので、今回は子供の口腔ケアについて書きます!

お子さんがいる方は自分の歯よりむしろお子さんの歯の方が関心が高いと思います。

でも思ってはいても、毎日のこととなると大変ですよね〜

1〜2歳はできることも増えて、自分でやりたい!という意欲が強くなってきます。

もちろん出来ることは任せて自信をつけて欲しいし、やらせてあげたい!

でも歯ブラシは大人でも難しい。。

本人は磨けたつもりでもまだまだ精度は未熟なのが現実なのです。

子供の自尊心を傷つけないで、自信をつけさせてあげられるような歯ブラシタイムになりますように。。。

子ども歯磨きに必要なセット

・歯磨き粉((フッ素入り950ppm程度のもの)

フッ素入りのものがおすすめですが、市販のもので子供用では950ppmが最高でした

・歯ブラシ(子供用)

・歯ブラシ(仕上げ磨きよう)

この二つを分けるのが面倒であれば一緒でもいいですが、お子さんの歯ブラシは噛んでしまって、毛先が割れやすいので頻繁な交換が必要です。

お子さんだけが使う場合は毛先が多少割れていても、歯磨きの精度も低いのでそのまましばらく使ってもいいですが、

仕上げ磨きようの歯ブラシは毛先が割れていないものを使わないと効率が悪いです。

仕上げ磨きはなるべく手早く済ませたいですから(子供も嫌がるので)毛先の真っ直ぐな歯ブラシで磨いてあげましょう。

・歯間部清掃用具として糸ようじやフロス

こちらはまだ数本しか生えていなくて、歯間部がスカスカの場合は必要ありません。

並んで生え揃ってきて隙間がきつくなってきたらフロスや糸ようじを使っていきましょう。

細かい部分はワンタフトブラシでもいいですね!取り扱っているお店は少ないですが、、

歯磨きの順番

なるべく家族みんなで同じ時間に歯ブラシを始めるとお子さんも意欲的に参加しますよ。

1、お子さんだけで歯磨きしてもらう(ママパパも各自磨いてる感じ。パパママと同じ様に磨けるんだという自信にも繋がり歯磨きが好きになってくれることも)

2、パパママが口をゆすぐ

3、仕上げ磨き〜パパでもママでも!

お子さんの顔ををママの股の間に挟む感じで。手が出るようなら、足の下にお子さんの手を敷いちゃうw

そして左手の人差し指を口の中に入れほっぺを少しひっぱりながら右手で磨いて、歯間部があればフロスや糸ようじを通します。

4、ゆすいで終了〜

我が家の娘はまだお口ゆすげないので、水飲ませて終わり〜

飲んでも大丈夫な歯磨きジェル使ってます。

これ!本当はグレープが良かったwまさかの売り切れw

フッ素濃度950ppm! クリニカは大人用も子供用も市販にしては高濃度です!

ちなみに娘には真ん中の糸ようじを使っています!長い間口開けてくれないし、ササっと通せるので。

子供が口を開けてくれないときは

子供の歯ブラシの大変さってこれがほとんどだと思いますが。。

子供ってすぐ飽きてしまうので、1つの対抗策が上手くいってもずっとは通用しないと思いますので、ここにあげたものを取っ替え引っ替え試してみてくださいw

・鏡を持たせて自分の口を見せながら仕上げ磨きをする(女の子は結構有効かな)

・歯磨き粉の味を変える(何種類か用意して毎日選ばせる)

・「せーのっあーーー」と一緒にあーっと発声する

・歯ブラシを好きなキャラものにする

・糸ようじなど興味がありそうなら手に持たせておく

・すぐ閉じてしまうときは奥歯にハンドタオルなどを噛ませておく

・好きなぬいぐるみなどを抱きしめてもらう

などなど、お子さんによって気の引き方は違うと思いますがその辺はお母さんが一番わかっていると思いますので、とにかく気を引くしかないですw

2歳くらいになれば理解しくれるので、話して同意の上で出来るようになるそうです(希望)w

まとめ

子供の歯磨きは時間もかかるし、仕上げ磨きで暴れられると心が折れる日もありますが、習慣づけられれば後が楽です。

子供の時の習慣って大人になっても意外と染み付いているものです。

特に毎日の生活習慣は染み付いていくものなので、意識しなくても自然と歯磨きできるくらいに習慣付けできたらなぁと親としては思っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク




にほんブログ村!ポチッとお願いします!
ブログランキング!ポチッとお願いします!
fc2ブログ

はてなスター


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク