無痛分娩 初体験報告!!優雅な入院生活も

私事ですが、第二子出産報告をさせて頂きます。今回は無痛分娩を選択したので、体験報告します!今後みなさんの参考になれば幸いです。

陣痛は11日早く突然に、、

第一子の時は予定日過ぎたので、今回も悠長にしていたら夜中生理痛のような、軽い腹痛。。トイレに行っても引かないのでカウントを始めると10分間隔。でもまだ全然だろうと思いつつもギリギリすぎて無痛できなかったら嫌だと思い病院へ。一応入院セット持って行くも、深夜だったので旦那と娘が寝ている中、夜逃げのように車で一人病院へ。

そして意外にも入院!経産婦って早いのねー

一人目の時は半日待たされたが、即入院で焦り始めるww

旦那、娘寝てるけど起こした方がいいのかな。。一人ポツンと出産も寂しいか。

とか色々考え始め、旦那に電話。旦那もまさか入院と思わず寝ていたらしいがすぐ駆けつけてくれました。

そして無痛分娩へ、、

病院について2時間ほどで子宮口も4センチとかで順調に進み、痛みもやっとそれっぽくなってきたとこで。助産師さんが

「麻酔しますか?」 と。痛みが激しくなってからだと効かなくなったりするというので、まだ全然いけるけど子宮口も半分くらい開いてるしお願いしました。

痛みの度合いに合わせて打つタイミングを図ってくれるようです。優しい。この時点で自然分娩の時と全然違うーと思いつつも、最後は無痛といえど痛いんだろうなぁと一人目の時の痛みを思い出しビビり始めていました。

無痛の処置は背中に麻酔の管を入れるだけでチクって感じで終了。

いざ麻酔を入れると背中にヒヤッと感じる感覚とともに全く痛みを感じない!!!

でも陣痛のお腹が張る感じはあるので陣痛の間隔はわかります。

私の場合破水してなかったので、破水させてもらって、子宮口もどんどん開いていきました。

でも痛くないから娘と旦那と個室部屋で団欒していざ分娩まで待ちました。

2時間くらいするとさすがに麻酔が切れてくるので追加してもらい、内診にて

いざ分娩室へ。

分娩室は落ち着きのある洋室で家族が座るソファとかもありました。分娩台の前のモニターにはリラックスできる画像が流れ、セラピストさんがアロママッサージをしてくれながらいきみ始めました。あまりに自然の流れで拍子抜けw

会陰切開はなるべくしないように助産師さんが会陰マッサージで伸ばしてくれます。これも無痛状態じゃないと痛くてできないので無痛分娩のいいところですね。

そして4回くらいいきんだところで無事産声をあげ生まれました。

痛みを一切感じず、3884gのビッグベイビーを産むことができました!!切開もほぼないので後処理もスムーズでした。

産後の優雅な入院生活

私は青森市のセントセシリアという産婦人科で出産しました。

無痛分娩の症例が多く、7割くらいは無痛分娩だそうです。綺麗なクリニックで産後のケアもとても丁寧で感動しました。

産後のアロママッサージ

産後ケア講習を兼ねてのティーパーティ

お祝い膳のフレンチ

ワコールの祝い着プレゼント

ミッフィのアルバム(小学生まで使える育児アルバム、気に入って上の子の分も購入しました)プレゼント

など至れり尽くせりで優雅な入院生活はあっという間に終わりました。

こちらのセントセシリアでは無痛分娩の費用が2〜3万と安く、気軽に選択できるのも良かったです。

分娩費用も合計38万ほどで一時金からお釣りがきました!!

こんな感じで青森で里帰りしない出産に不安でしたが、むしろ優雅でリラックスした出産、入院を送れてとても満足しています。

無痛分娩には賛否両論。事故例もありましたのでなかなか手放しで無責任に勧めることはできませんが、一個人の感想としては大満足でした。

出産はとても壮絶な痛みを伴います。せっかくの我が子との対面がトラウマになってしまうくらいだったら、無痛分娩でリラックスして我が子を迎えてあげた方がいいような気もします。とはいえ、私も最初は自然分娩で!と決めていたので、自然分娩の意義もあるし、自然分娩を経験したからこそ今回の感想があるのだと思います。

この投稿が一個人の経験としてみなさんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク




にほんブログ村!ポチッとお願いします!
ブログランキング!ポチッとお願いします!
fc2ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク