歯科用CAD/CAMとは?保険内で白い被せ物が可能に!

さて、前回、歯科用CAD/CAMについて触れましたが、今回はCAD/CAMとはどんなものなのか書いていきます!

CAD/CAMの意味

CAD/CAMは歯科以外の分野でも使われる用語で

「コンピューターで作り出す」ような意味があります。

歯科の場合では被せ物をコンピューターで形を読み込んで作り出すということになります。

簡単に言えば、3Dプリンターみたいなイメージです!

歯科用CAD/CAMとは?

今まで、被せ物や詰め物は全て人の手作業で作られていました。(歯科技工士)

歯医者で歯科医師や歯科衛生士が歯型をとり、それを石膏模型にします。

歯科技工士がその模型をもとに詰め物や被せ物を材料を使い、手作業で作っていたんです。

それを模型から先の作業をコンピューターを使ってやってしまう!というのが歯科用CAD/CAMシステムです。

材質

は保険内では現在ハイブリッドレジンという樹脂とプラスチックを混ぜ合わせた材質。

保険適用外ではジルコニアレジンなどがあります。

CAD/CAMは良いもの?

メリット

・CAD/CAMは材料をコンピューター制御で削り出すので、今まで使えなかった材質を使える

・精密な作業を短時間で出来ますので効率化につながります。

・保険適用で白い被せ物ができる(コンピューターで大量生産ができれば価格も下げられますからね。)

・誤差もコンピューター上で修正できるのでより正確なものが作れるでしょう

デメリット

デメリットというわけではないのですが、

・なんでも作り出せるわけではありません。

金属などの固い材質は削り出せないので作れません。

自費の被せ物は、噛んでも割れないように金属の上にセラミックという固くて白い材質のものを焼き付けています。

つまり、内側は金属、外側は歯にあった白いセラミックで審美性と強度を兼ね備えています。

また、焼き付けることでしっかりとした接着性と強度が生まれるのですが、

こういった作業はCAD/CAMでは出来ません。

・強度は限界がある(金属は使えないので金属よりは脆いです)

歯科衛生士から見たCAD/CAMってどう?

基本的に、普及していないものは試作段階という感じなので必ずしも良い!とは言えませんが。

私が働いていた時はほとんどの患者さんが満足していました。

被せ物が銀だとやっぱり見た目的には気になるものです。

自費は考えていなくてもできれば白くしたいと思っている人が多いですからね。

それが保険適用内で白くできるなら良いと思います。

ただ、強度は金属に比べどうしても劣るので割れてやり直すのは面倒な方やかみ合わせ、歯ぎしりが強い人にはオススメ出来ません。

そうでない方には私個人としてはオススメします!

普及してくればもっといろんな材質が保険適用にもなると思いますので普及して欲しいですね。

一方で歯科技工士さんの出番が減らないか心配なとこですが。。

でも歯科技工士さんとしても作業が楽になる部分もあるかと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク




にほんブログ村!ポチッとお願いします!
ブログランキング!ポチッとお願いします!
fc2ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. レナ より:

    こんにちは~☀
    CAD/CAMの解説ありがとうございます、なるほど、3Dプリンターですね~!
    ホントに、どんどん技術が進歩してますね。
    コンピューターでできるから、手間と費用がかからなくて保険適用なんですね。
    実用優先とはいえ、銀歯って目立ちますもんね。やっぱり白い方がいいなと思います

    • tenn2ma より:

      ありがとうございます!
      白いのは嬉しいですよね。
      レナさんがコメントして頂いた通り、金属なら「金ゴールド」が一番良いです!
      自費なので白くするくらいの金額になりますが、金属の中では一番親和性がよく、歯に馴染むし錆びないです。