子供の歯ブラシ選び、選ぶポイント 

ヘッドの大きさ

ヘッドとは、歯ブラシのブラシの部分のことです。子供はお口も歯も小さいので当然ブラシ部分も小さいものをオススメします。まだ生えてきたばかりの歯はほとんど歯茎に埋まっているので、あまり執拗にゴシゴシしなくても虫歯にはなりません。歯ブラシに慣れる期間だと思って軽い気持ちで始めてみてください。

毛先の材質

子供の歯ブラシは歯がためのようなゴム素材と、大人の歯ブラシと同じ毛束のものがあります。生え始めの時期に毛束のある歯ブラシで磨くと歯茎にも毛先が当たるので、痛みを感じ嫌がってしまう子供もいます。歯ブラシは嫌なものだと思ってしまう前に歯がためのようなゴムの歯ブラシで歯ブラシが口に入ることに慣れて行くのが大切です。ゴム素材の歯ブラシでも、生え始めの歯には十分洗浄作用はあります。

むしろ歯の生え始めは歯茎がかゆいので歯固めのうように噛むことで子供も積極的に歯ブラシを口に運んでくれますよ。逆に、毛束のものだと噛んですぐに毛束がバサバサになり使えなくなってしまいます。ですから生え始めはゴム素材の歯ブラシをオススメします。

お母さんの仕上げブラシは毛束のものを使って細かい部分を磨いてあげてもいいかもしれません。ただ、まだ生え始めの時はそこまで執拗に磨かなくても唾液の自浄作用により綺麗ですので、お母さんが神経質になりすぎて子供が歯磨き嫌いにならないように、ステップを踏んで慣らしてあげてください。

把持部(持つ部分)の形状

子供は歯ブラシを持ったまま走ったり、遊んだりしてしまいますよね?そうすると心配なのが、歯ブラシを口に入れたまま転倒して歯ブラシが口の奥に刺さってしまうことです。事故例もありますし、喉元は命に関わる部分ですから注意が必要です。

事故を防ぐために、様々な形状の歯ブラシがあります。いくつか、我が家で使っている歯ブラシは紹介します。

こちらは肢の部分がゴムになっていて、クネクネ曲がるので、転倒の際に突き刺さらないようになっています。ヘッドも小さくて結構気に入っています。ただ、噛むとすぐバサバサになりコスパ悪いです。。でも、肢が柔らかいので歯ブラシ圧が強くなり過ぎないので歯茎を傷つけません!安心!

こちらは肢の部分はプラスチックで硬いのですが、ストッパーをつけることができて、それ以上口の奥に入らないようになっています。こちらもすぐバサバサになりますが、2本セットで割と安価で売られています。ストッパーは取外し可能なので、仕上げ磨きの時は外すなど使い分けができます。

子供用はあくまで形!基本は大人の仕上げ磨き!

いろいろ細かく書きましたが、子供の歯ブラシで虫歯が予防できるわけではありません。まだまだ歯磨き技術は身についていませんので、大人の仕上げ磨きにかかっています。子供が歯ブラシを口に入れてモゴモゴしていると、歯ブラシできるようになったね〜と満足してしまいそうですが、きちんと汚れをとるブラッシング技術は大人でも難しいわけですから、子供にはまだまだなんです。目視できる大人がしっかりと歯を観察して磨いてあげることが必要です。

ただ、できてないとは子供に言わずにちゃんとその子なりに歯ブラシができたら褒めて歯ブラシのモチベーションはあげて、歯磨きを楽しいものにしてあげてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク




にほんブログ村!ポチッとお願いします!
ブログランキング!ポチッとお願いします!
fc2ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク