歯医者さんで保険が効かないと言われやむなく自費治療あるある

歯医者さんって、他の病院に比べて高いですよね?

私は内科や皮膚科に行ってもせいぜい1000円前後でプラス薬代って感じですが、

歯医者さんは普通に2000円超えてくる。。。

保険診療でもこんなに高いのに自費治療になったら万単位です。。。

お金に余裕があればいいけど、虫歯治そう〜くらいの気持ちで行ってこんな高額になったら辛いですよね。

今回は歯医者さんの保険治療と自費治療について書きたいと思います。

事前に知識が少しでもあれば、気づいたら自費で高額支払いなんてことも防げるはず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




歯医者の保険適用と自費治療

まずはどんな治療が保険でできるのか ということを知りましょう。自分の求める治療やゴールによっては自費治療が必要な場合もあります。

長くかかりそうな治療は予算を決めて歯医者さんに相談して、その予算の中で最良の治療をしてもらうことが大切です。

歯医者の保険適用

基本的には、生活に支障が出るような症例の場合は全て保険適用で治療ができます。

・虫歯治療

・歯周病治療

・詰め物、被せ物(ただし金属(いわゆる銀歯)に限る)

・生活に支障が出る歯の抜歯

・歯石除去

・定期検診(軽いクリーニングも含む)

・神経の処置

・噛み合わせの処置

基本的に歯医者で行うほとんどの治療は保険適用なのでご安心ください。

では何が自費になってくるのでしょう?

自費治療

保険は3割負担ですが、自費は10割負担。つまり全く保険が効かないので全額患者さんの支払いというわけです。

なんかとっても良心的じゃない感じがしますが、しっかり線引きされています。

生活に支障が出ないところの治療は自費なんです。

みんなが全ての治療を保険適用で受けると国が保険料を払いきれなくなってしまいますし、保険がきくから〜と言って大したことでもないのにどんどん治療を求められてもパンクしちゃいます。

ですから、生活に支障が出るところまでは保険適用、それ以外は自費と線引きされています。法律でね。

そうは言っても具体的に言わないと良く分かりませんね

歯医者での自費治療は

・ホワイトニング

・銀歯を白いものにする

・歯並びを良くする(矯正治療)

・歯のトリートメントをする

こんな感じです。治療というよりはその次の審美的な(見た目)ところですよね。

これは生活に支障が出るレベルではないので、お金のあるかた、どうしても気になるかたがご自分の負担でどうぞって感じなんです。

自費治療の注意点

自費の最大の落とし穴は

歯医者さんがそれぞれ好きに金額を設定できるというところです!!!

つまり、自費の金額はほとんどが歯医者さんによって変わってきます。

ですから、HPなどをよく見て安いところを探すのも全然ありです。

ただ、やはりいい材質や材料を使えばそれなりに高くなるので、安さだけではなく質もしっかり見た方がいいです。

何百万も払って、矯正治療したのにイマイチな歯並びだったとかじゃ辛いですからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




にほんブログ村!ポチッとお願いします!
ブログランキング!ポチッとお願いします!
fc2ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク