簡単矯正マウスピース矯正のメリット・デメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近よく目にするキレイラインなどの簡単矯正って何?

簡単矯正とは、基本的にマウスピースを装着して矯正することです。

簡単矯正のメリット

従来の矯正器具(ブラケットと呼ばれるもの)を付けないので目立たない

・価格が比較的安価 マウスピースの形を少しづつ変えていくことで歯並びを治していくので あまり通院回数がかからず、安価です(3万〜10万)

・期間が短い マウスピースで全体のアーチを整えていくので、期間も短く済みます

・マウスピースなのでホワイトニングを並行して出来る ホワイトニングにはマウスピースを使うので矯正をしながら歯も白くできます

簡単矯正のデメリット

・噛み合わせが変わる可能性がある 上下どちらかだけを治した場合、噛み合っている歯の位置が一方だけズレるので、噛み合わせが変わります(いつも当たるところに当たらない違和感)

・対象外の歯並びも多くある マウスピースだけで歯並びを治すので、歯を抜かないといけない場合や外科処置が必要な場合は従来の矯正処置が必要です

・いつでも外せる分、進行具合や後戻りに個人差が出やすい マウスピースは自分でいつでも取り外せるため人によっては装着時間が短くなり進行が遅くなることも 進行が遅いと通院回数だけ増えるため費用も追加となってしまいます。  またマウスピースをしなくなればなるほど後戻りといって、元の歯並びに戻ってしまいます(これは従来の矯正治療にも言えることですが、簡単矯正は矯正期間が短い分、マウスピースをしっかりしないと後戻りがしやすいです。矯正治療期間が長いと、その分移動した歯も定着してくるため後戻りがしにくくなります)

アーチを整える手法なので場合によっては出っ歯のようになることも 基本的に重なり合っているような元の歯をキレイ並べるので、アーチは大きく広がります。アーチが広がると以前よりも前に出たように感じることもあります。 アーチの大きさをそのままで並べるにはスペースに入りきらない歯を抜く必要があり従来の矯正処置となります

最善策は?

やはり、歯並びは個人差がすごくあるものなので矯正歯科に行きまずは相談です!

一般的な矯正歯科と簡単矯正をメインでやっているところに行き、価格、期間、術後の変化をしっかり説明してもらい、イメージを自分の理想とする歯並びにどちらが近いのか擦り合わせることが重要です!

歯並びがキレイと行っても、人それぞれいい歯並びは意外と違うものです。同じように、患者さんの思ういい歯並びと歯科医が考える良い歯並びも違うので十分に説明を受けて治療を決断して欲しいです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村!ポチッとお願いします!
ブログランキング!ポチッとお願いします!
fc2ブログ

はてなスター


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク