歯科衛生士になるために2つのすべきこと

歯科衛生士は国家資格を持った歯科従事者ということは前回の記述でわかりました。

しかし、歯科衛生士になるために国家試験を受けよう!と思ってすぐ受けられるものではありません。

歯科衛生士国家試験には、実習単位が必要になります。具体的には大学や専門学校に行って、歯科に関する専門知識を学び、実習地で臨床経験を積む必要があります。

今回は歯科衛生士になるための第一のステップとして国家試験の受験資格を取得するまでを述べていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




歯科衛生士になるための第一のステップ

歯科衛生士国家試験の受験資格は大きく分けて2つの方法で取得できます。


歯科衛生士の勉強ができる大学に行く

簡単に書きましたが、歯科衛生士養成学校は基本的に専門学校が多く、大学は数えるほどしかありません。

私の行った、埼玉県立大学(口腔保健専攻という学科)もその数少ない大学の一つです。私の知る限りでは、県立大学にこのような学科がある県があります。でも極めて少ないですし、大学なので入試が必要

入試が必要ということはそれなりに高校で勉強して、センター試験を受け、受験に合格する必要があります。

専門学校に比べると敷居は高いですが、大学のメリットもあります。

大学に行くメリット

・大卒という肩書きが持てる

・一般企業への就活もできて就職の幅が広がる

・公立の大学であれば専門学校より授業料などが安く通える

・歯科衛生士の勉強の他にも様々な勉強ができる。(私の通っていた埼玉県立大学では歯科衛生士と同時に教職免許の取得をする人もいました。つまり保健室の先生にもなれます。)

・専門学校では3年で学ぶことを4年通って学ぶので、ゆっくりと大学生活を楽しめます。一般的に専門学校は忙しいです。

専門学校に行く

大学に行くのは難しい、受験勉強してないよ〜という方は専門学校に行って、国家試験受験資格を取ることができます。

専門学校も入学試験はありますが、大学受験よりは簡単で比較的容易に入学できます。

また3年で卒業できますが、授業料は公立大学より高額になります。医療系の専門学校は特に高いですね。。

また大卒ではないので、卒業後の就職先は歯科衛生士1本になります。歯科衛生士になる!とめ明確に決まっている場合は専門学校が近道ではあります。

専門学校に行くメリット

・3年で卒業できるので就職するまで最短で学べる

・入学試験が比較的容易

・歯科衛生士国家試験の対策をまめにやってくれる。大学は国家試験の受験資格は取れますが、歯科衛生士養成学校ではないので国家試験の勉強は割と各自でやるのが基本です。専門学校は歯科衛生士になるための学校なので、しっかり試験対策をしますし、学校の国家試験合格率もあげたいので厳しく指導されます。


歯科衛生士になるための第2のステップ

大学か専門学校を無事卒業したら、歯科衛生士国家試験を受ける権利を持てます。

あとは年に1度(2月?だったような)の歯科衛生士国家試験に合格すれば歯科衛生士となれます。

ただ、大学や専門学校の卒業と同時に合否が出るので、その前に就活を済ませておきます。

職場へは歯科衛生士見込みという形で合格を前提として歯科衛生士として就職します。不合格の場合は、歯科医院であれば歯科助手として働き、また国家試験を受けることもあります。企業の場合は歯科衛生士手当などの減額があるかもしれません。

このようにして歯科衛生士になるにはある程度のステップを踏まなければならないのです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク




にほんブログ村!ポチッとお願いします!
ブログランキング!ポチッとお願いします!
fc2ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク