青森でうにを食べるなら!穴場スポット!絶景の正立食堂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

正立食堂 満足度4.1  子連れ度3.5

 青森でも美味しいうにが食べれます。

うにとかいくらって北海道のイメージですが、青森でも十分新鮮な美味しいうにが食べられます。むしろ北海道の観光地よりお安く食べられてお得ですよ〜

ホタテがいちばん有名な青森ですが、陸奥湾ではアワビやうに、サザエなんかも取れるので安くて新鮮です。ミョウバンにつけていない新鮮なウニは変な苦味がなく、とても甘くて濃厚ですよー!こちらでは瓶詰めで売られてたりもしますが、とても新鮮なので日持ちはしませんので、お土産より現地でそのままを食べてもらいたいです。

うにの旬は初夏!

うにといえばなんとなく寒い地域で食べられるので冬のイメージでしたが、青森のうには初夏が旬です。夏の暑い時にどろっとしたうにはどうなんだろうと思ったけど、青森の初夏は涼しいですww

魚は冬に向けて脂肪を蓄えるので冬にかけてが旬ですがうには初夏らしいです。ちなみに青森で有名な大間のマグロは冬が旬です!なのでマグロとうにをどちらも美味しい時期には食べられないんです。。これは残念ですが、やはり旬のものを旬に食べるのがいちばん価格も安く美味しいんですね。

青森でも初夏になるといろんなお店でウニ丼がメニューに加わり、普段より安い価格になったり、うに祭りなんかも開催されたりします。

青森市でうにが食べれる穴場のお店;正立食堂

いよいよお店のご紹介です!!これまた浅虫にある食堂です。浅虫はとにかく海沿いの街なので、温泉と新鮮な海鮮の穴場です。特に浅虫で取れる海産物はうに、ホタテ、サザエ、アワビです。

紹介する正立食堂さんは浅虫でも特に海沿いにる海の上のお店です。 ロケーションは最高!でもお店構えは普通の商店って感じだし、車で行くとめちゃ道狭いのでお気をつけを〜

席からの景色はこんな感じ!海の上です!

左に見えるこんもりした島は湯島というそうで、渡ることもできます。

そしてご飯がこちら!この日はうにが終わりに近く、うに定食は売り切れだったので、三色定食にうにをトッピング。残り二食はホタテとアワビ。

こちらはうに、いくら、アワビ

定食なのでホタテ焼きもつきます!!

これで2300円くらいでした!トッピングによって値段は変わります。アワビは丸ごと1個さばいてくれて、肝もつきます!!うにも隣の生簀で取り出してくれます。まさに新鮮!!お腹も一杯になりました!

普段はウニ丼か、うに定食というオールうにのメニューが人気だそうです!

アワビはコリコリで顎痛いくらいでしたがとても贅沢な定食でした。うにやあわびがここまで新鮮にたっぷり食べれるところは青森市中心部にはないのでオススメです。

ただ、うにの旬である初夏から夏にかけてのみの営業です。旬の時期にお越しくださいませ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク




にほんブログ村!ポチッとお願いします!
ブログランキング!ポチッとお願いします!
fc2ブログ

はてなスター


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク